【価格への取組み③】見えないところもさりげなく


①、②からの当店取組み、続きです。

このページでは秘やか・・・きっと地味なハナシです。

店主の主観、ちょっと長文ヒトリゴト、お付き合いください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


過日とても店主の進み方、未来・・・「自信」となった事柄。

補聴器の選び方も時代が激流、その潮流、先行グループでありたいこと、

創業の思いからここまでのこと・・・


「やはり価格は大切だよね」、と。


確信したのが過日のホームページ2点。

1点は①、②で綴れたバーナフォン補聴器・・・

利益は少ないけれどたぶん「みんなでうれしい本質」、仕事そのもの、質量であり。


もう1点が「試してみた」おっかなびっくり、やはり5月のホームページから。

Jabra Enhance!!(下はリンクです)


Jabra(GN)・スマートイヤホン発売!


3台仕入れてはただ一言、「スゴイな」が未だ実感。

おかげさまで即完売、喜んで頂けたこと、費用対効果そのもの。



メーカーさん曰く、「ベージュはあまり人気ないです」、だそうで。

長期在庫?不安な仕入れでしたが・・・とてもキレイ!うれしかった\(^o^)/


両耳装用で89,000円、その費用対効果のすばらしさ!

もちろん価格なりの部分は残る、けれどそれ以上のヨロコビも作れる!



当店だから! 店主ならば出来ること! 

この製品はご自身で音を作ってゆくスタイル。

ですがまずは聴力測定をさせて頂いて・・・


ご一緒にセットアップを楽しみます。

一度では「気持ち良くない」そうだったからやり直し。

二度目で「良いねー!」、とのこと。アプリを教えさせて頂いて。



最後に補聴器性能と補聴効果の測定、聴力測定結果との答え合わせも実施。

たぶんここまで出来る、ここまでやれる89,000円はそうそうないかな、と。


店主の知る限り全国チェーンで二店様、これと同等かそれ以上も存じ上げます。

ただ誰にでもどこででも気軽、この「費用対効果」はやはり美徳かな、と。


いつも書きますが、「高価格と満足度は反比例」、その確率も補聴器。

完璧な補聴器、すべて聴こえる補聴器がない前提で・・・


行きつくところ昔も今も補聴器に限らず「費用対効果」は大切かな、と。

そのなかでやはり・・・

「安いことは正義!」


全体の中の1種類、正解かも知れないひとつ、指標ではあるかな、と考えます。

上記設定まで概ね1時間頂戴しますが一般補聴器以上に満足度は高そうです。


また、iPhoneがあってこそこの補聴器の価値、持てる性能の最大を発揮しますが、

無い方もどうぞお気軽にご相談ください。店主のiPhone&iPadで対応可能です。

(過日納品、大変喜ばれたお客様も社用iPadでフォローさせて頂けております。)



本日現在、在庫はございません。

正直利益がほぼ無い製品、多数仕入れのみで在庫リスクが裏事情・・・

お客様にはGood!店主には費用対効果が劇的に悪い・・・(;’∀’)


なので購入希望の際に仕入れとさせて頂きます。

納期は1週間以内と考えております。

ご相談ください。


また、カタログ上「中等度」・「高度」難聴は適応外となっておりますが、

現状上手にお使い頂けている方もいらっしゃる・・・諦めずにご相談ください。


適合の範囲はあくまでも「軽度」適応での製品、お約束は出来ませんが、

店主も可能な範囲、ご希望があるならば、しぶとく対応をさせて頂きます。


「自分でも買いたい、もしや買うかも知れない」


音楽と音質・ハンズフリー通話・補聴(カタログでは聴力の強化?)機能。

そして当店だから出来ること・・・聴力測定から調整の補助、効果の確認。


Jabra Enhance! 両耳89,000円! 胸を張っておススメします!!

お貸出しはしませんが、店内試聴用のデモ機をご体験くだされば幸いです。


遠慮なくご相談ください。



またも余談!

深呼吸のち・・・お付き合いください(^^)/



過日より【価格への取組み】を①、②、③と綴らせて頂いております。

意図。店主の考え、あくまでも主観なので「選択こそはお客様」、基本として。



先述の聴力から補聴器の性能検査や効果の測定。

調べる機械、このシステムだけでも例えば300万円前後、とても高額です。



機械があれば良い・・・それだけではなく継続的に機械そのものを検査。

この作業も例えば数十万円/回・・・大変な金額です。


ここまでやれば良い、そんな種類でもない。

当店もまだまだ不足がございます。


もちろん「認定補聴器技能者」と言う資格も然り。

継続的な研鑽、試験、習熟すべき事項も人それぞれを含めて多数です。


こういう種類、金額換算、いったい幾らのコストかな?

そんなところが今日の主眼です。


今、すべきことをした上で!

未来、末永く使ってゆく補聴器、聞こえも変化の中で。


トータル換算、安心との差し引き、いったい価値はどこ?

聞こえの自信を担保が補聴器、金額換算、いったいいくらがバランスだろう?



昨日も初めてお会いしたお客様、過去と比べてくださって。

「こんな(測定や検査)知識は今までなかった!」とのご評価。


本音と自信、目指して来たところ・・・正直にそう思います。

ここまでお金・時間・手間もかける・・・



ご自身で調べて頂ければネットにも多くの正解、

ご自身の最適解が散らばっていると思われます。




願いはひとつです。

どうぞご自身の補聴器えらび、いろんな価値を見つけてください。


当店では見えないところにも手間を惜しみません。

89,000円の製品であっても全力で聞こえ、改善に取組ませて頂きます。


もっと良い方向へ!なんどでも一緒に取組みましょう!!

見えないところであっても価値、見つけて探して参りましょう。


これらハード面の情報開示も店内に掲示しております。

どうぞ遠慮なくご質問ご意見等頂ければ幸いです。


〇なにが出来る?

〇自分の聞こえ方は正しい?

〇補聴器をつけてどれくらい聴こえているのかな?

〇主観ではなく数値で教えて欲しい!

〇補聴器本体が悪い?各設定は正しい?本当に壊れていない?


これらの機器から数値、アドバイスもさせて頂きます。

いつでもこれらは無料です。お気軽にご相談ください。


ご来店、お待ち申し上げます。



2022.07.31

あおぞら補聴器 店主 横地忠志



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。