測定装置と店内環境


当店自慢・測定機器など

店内各種測定環境、そして測定装置が自慢です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b907949beb57c4a1f5fae5f8fbad74af-681x1024.jpg
(補聴器効果測定装置)

店内騒音レベルが30dB~40dB、

とても静寂、そんな環境です。

各種測定は頑強な大黒柱本体を利用、そして更衣室を改造しました。

一片の壁厚は12.5センチ、また測定用スピーカーもこだわりのONKYO製。

精確な効果測定を目指しています。

お客様が負担少なく出来るだけ、移動も少なく。

リラックス可能な場所作り、そこでの測定、そんな空間を目指しました。

今後さらに改造を重ねてもっと快適な測定を日々目指します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d39af270c19c4521e93a4b043bfb1755-1-1024x681.jpg
(最先端、一体型測定装置Affinity2.0)

聴力測定はもちろん、語音聴力測定も当たり前。

調整のための補聴器音響性能分析もきめ細かく実施出来ます。

例えば断音などの故障が不安な補聴器もメーカー問わず、

「夜間エンドレス測定」など夕方お預かり、出勤前に検査結果をお渡し出来ます。

壊れている?そんな不安も遠方のメーカーに送らずまずはチェック。

大切な補聴器、正確そして無事な点検こそお任せ下さい。

岩手県では初めての導入、開店時から5年経過の現在であっても最先端を走ります。

(参考:2020.4月現在、県内では当店のほか、某大学病院様のみの設備です)

パソコン画面を見ながら聴力など各種測定から補聴器の調整検査までこれ一台で・・・。

すべて目の前で見て確認、一緒に楽しくより良い聴こえを作って行きましょう!!

写真は2020.4月現在、過去ホームページと比較です。

いつでも進歩! 変わらぬものは初心の調整、参考です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200414_122011-1024x768.jpg
(「目で見える」参加型の調整、目標と結果を一緒に育てて参ります。)

開業時、2020年4月のホームページより写真・文章です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4c7921af2208fa95f43430f0e50d9dd5.jpg

いよいよのお渡しについて、ですが。

写真はご許可を頂き・・・「喜びの第一号」、そんなお客さま。

2015年1月はボランティア、メーカーさまのご協力で左耳に作成。

そのオーダーメード補聴器が「なんとも気持ち良い!!」、との評価。

今回は右耳に「作ってけで!!」とのことで作成しました。

これまで5台は作って来られたでしょうか?

正直に・・・クレーマーかな? そんな気持ちになるような叱咤激励。

自分自身の技術も補聴器の限界も考えておりました。

毎回の作り直しと調整が4回5回・・・満足度も当然低く、「こんなもんだろ。」、と。

なので前回も今回も聴力図から各測定を煮詰めに煮詰めて!!

気が付けば朝になってしまった前回の左耳の補聴器、納品の日。

「こういうのが欲しかった!! これならば聴こえる!!」、とのこと。

それからこの日の右耳用納品まで一切調整不要に過ごされて(^_-)-☆

「唯一の楽しみ・・・水●黄●(時代劇)、これで聞こえるべか?」

早速youtubeで聴いて頂きました。

少し自慢のYAMAHA製スピーカー内蔵、それでも所詮パソコン・・・。

「なんたら~!! クキっと聴こえるじゃぁ~!!」

正直に・・・私のほうが聴こえないかも・・・笑いあえて(^^)/

毎日が試行錯誤ながら。

試してみること、同じ気持ちに近づくこと、返品覚悟・・・(笑)♪ も少しだけ。

お渡しこそがスタートです。

私だったら出来ること。

小さなお店だから確かめられること。

ぜひ皆さんもそれぞれの補聴器づくり・・・。

いっしょにスタートしてみましょう!!

高価で立派な測定機器も大切ですが。

ひととひと、そんな距離感こそ。

とびきりの測定時間だと店主は信じて疑いません。

(お話しの内容もご了承頂いたうえで書かせて頂きました。)

※上記は2015年4月の文章、内容です。

開業当初から・・・

この気持ちは変わらない、技術もきっと進化中です。

環境・・・ますます自慢! 見に来てください!!

 

あおぞら補聴器 店主 横地忠志

2020.04.14(旧ホームページより修正・加筆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ブログ